TOP

ふらっと立ち寄った風俗店で黒髪美女との体験談について

池袋で同棲している気分にさせてくれるデリヘル

会社の寮…というよりもウィークリーマンションなんですかね。三ヵ月間研修なんですよ。その間は会社が用意してくれた池袋のウィークリーマンションに住んでいるんです。でも、自分以外は特に同僚もいないので部屋だけ借りているのか、それとも研修で住み込みなのは自分だけなのかよく分からないんですけどね。
でも確かなのはここは自宅ではないんです。それが良かったんです。池袋のデリヘルを利用し放題というか女の子を呼び放題というか(笑)帰ってまで仕事をするようなこともないので、デリヘル三昧だったんですよね。池袋駅の北口の風俗街まで行ったこともありましたけど、もう最近はずっとデリヘルです。女の子がホテルではなく自宅に来てくれるのでまるで同棲を楽しんでいるかのような気持ちまで味わえるんですよ。
デリヘルだと普通はいつもホテルじゃないですか。ホテルもそれはそれで悪くはないんですけど、一度この気分を味わってしまうとヤバいなと(笑)臨場感がや生々しさがホテルとは比べものにならないだけに、興奮もひときわ高いです。

適度な疲労がデリヘルの快感を高めるのかも

適度な疲労感がある時こそデリヘルを利用する絶好のタイミングなのかなって思っています。疲れすぎている時は集中力も散漫になってしまいがちですし、ともすると勃ちも弱かったりするじゃないですか(笑)そうじゃないんです。適度、つまりは軽く疲れているくらいの方が断然楽しめるような気がするんですよね。
なんで上手くいくのかまでは分かりません。科学や医学の根拠があるのかまではよく分かりませんが、適度に疲れている方が肩の力を抜いてデリヘル嬢と向き合えるからなのかもしれません。あまり深く考えるのではなく、自分の思うようにデリヘルを楽しめるので良いのかもしれないですね。確かに全然疲れていないとあれもこれもとついつい自分にハードルを課してしまって気付いたらいろいろな事が空回りしてしまっているケースもありますしね。だからこそ、少し疲れているくらいの方が自分にとっては良いんじゃないかなって思っていますので、池袋のあたりを少し走ってからデリヘルを利用するとかもありです(笑)